BABYMETALとかの音楽。

BABYMETALを通じて、メタル、R&R、パンク、ソウル、ファンク、ポップスなど世界の美しい音楽を紹介します!

上田 "ギミチョコ!!" 剛士 from Mad Capsule Markets

今日はギミチョコ!!の作者である上田剛士氏について。

 

彼がベーシストとして在籍したバンドMad Capsule Markets。その音は時代で全く異なっている。

デビュー時はBOOWYの1stアルバム「Moral」そのものの音楽性。

BOOWYを真似るバンドって、彼らが売れてからの「お化粧、スーツ、変な英語」を真似たビジュアル系バンドがほとんどなんですが、彼らは「パンク、ヤンキー、武闘派」という部分を真似てた。笑

 

www.youtube.com

 

特にボーカルKYONOの、氷室"狂介"なりきりっぷりはすごい。BOOWYの物真似とするにはうますぎる、でもちょっと恥ずかしい感じ。

そして、Buck-Tickとかそれ系のバンドと一緒にライブをやってたので、準ビジュアル系という位置づけだった。

私は何より、そのあからさますぎるバンド名が嫌いだったので敬遠してた。

そんな彼らはアルバムを出すごとに音楽性が変わっていく。そして一つの完成形を見たのが「4 Plugs」だろう。

当時のRage Against The Machine系ヘヴィ&ラウドミュージックへと変化した。

4 PLUGS

4 PLUGS

 

私は このジャケットが好きじゃなかったのでこの時点では触手は伸びなかったのですが・・・

当時の氷室京介がインタビューで、「彼らの音楽はすごい、いつか認められると思う」とか言っていたのを思い出す。

 

その少し後に友人の家で彼らのライブ映像を見て、私は本当におったまげた。

いかつい!怖い!重い!

音も、風貌も。

KYONOはチンピラどころかやくざみたいだし、ギターとドラムはデカいし、(ドラマーは極真空手も熱心にやってた)、ベースは軽やかに踊ってるし。

何より演奏力がすごかった。

バックでギターを弾いているのは日本のラウドミュージックのパイオニアバンドであるDOOMの藤田氏。(ちなみに最近再結成し新作を発表、かっこよかった!)

セキュリティもいかつい外人だし。

 

とても日本で行われているライブとは思えなかった。

圧倒的だった。

(しかし、彼らは本当に頭が悪そうな歌詞を書く。もちろん悪い意味で。笑)

www.youtube.com

この映像はビデオテープだった。借りてダビングして、何回も観た。

今でも大のお気に入りだが、確かBSでTV放送されたもので、未だに正式リリースはされていない。

以降、彼らにハマった。

特に「Digilockheadlock」は音も、曲も、素晴らしかった。以降の作品の方が評価は高いと思うが、私にとってはこのアルバムがベストだ。ラウド/ヘヴィ系の作品で、こんなに「曲が良い」と思えるアルバムは稀。

 

DIGIDOGHEADLOCK

DIGIDOGHEADLOCK

 

 中でもこの曲のイントロ、リフのパワー・破壊力は圧倒的。

www.youtube.comこのリフ、ギミチョコとあわだまフィーバーを想像させずにはいられない。

 

上田は4 Plugsより以前から、海外のレーベルへ売り込んでたらしいけど、それが結実したのはもう少し後。

アルバム「OSC-DIS」がイギリスのメタル雑誌Kerrang!のレビューで最高点を獲得するというあり得ない偉業を達成。海外のフェスにも多数出演するなど、ワールドワイドに活躍した。

ちなみに私は「OSC-DIS」ツアーのライブチケットを買ったが、紛失してしまい行けなかった。(´;ω;`)ウッ…

やっとLoudnessに続くバンドが現れた、そう思ったのもつかの間、あっけなくバンドは解散してしまうのだが・・・。

 

正直、私はギミチョコ!!にはそこまでの魅力は感じていない。むしろあわだまフィーバーの方が好きだ。

でもギミチョコ!!は、彼女たちを有名にさせたし、現時点では世界で最も知られたBABYMETALの曲であると思う。

嬉しい。

www.youtube.com