BABYMETALとかの音楽。

BABYMETALを通じて、メタル、R&R、パンク、ソウル、ファンク、ポップスなど世界の美しい音楽を紹介します!

「君とアニメが見たい」がまた見たい。

キバオブアキバのカバーであるこの曲は、「オリジナルアルバム2枚から全曲やる」東京DOME2Daysで披露されなかった。

 

例にもれず、この曲も最初は自分にとって良い印象ではなかった。

 

 

音楽って何回も聞きこめば、どんな曲でも(嫌いになる理由作りをしない限り)好きになってしまうものだと思う。特にBABYMETALの場合は、全曲が徹底的に作りこまれているから、好きになっても飽きが来ない。

 

この曲はカバーという先入観が拭えなかったのと、「女の子に対する男の子の想い」を歌っている曲なのに、間髪入れずゆいもあがネガティブなアンサーを返してしまうというBABYMETAL版アレンジが疑問だった。

 

でもね、曲の良さにどんどん引き込まれた。

この曲はBABYMETALでは珍しく、タテノリ系でストレートなビートを持つ。いわゆる「普通のロック」寄りの曲調だと思う。

 

ヘヴィ/ラウドもいいけど、たまにはこんな曲があってもいい。

2ndアルバムに収録の「シンコペーション」も近いノリを持っていると思うけど、だんぜん「君アニ」の方が好き。

 

まず、イントロの希望感と哀愁を同時に感じさせるピアノが本当に素晴らしい。

それにかぶさってくるメインリフもよいが、Aメロのジェントっぽい強烈なユニゾンパートが気分爽快。

 

ジェント(Djent) ・・・高速かつ機械的なエレキギターのブリッジミュート音を表現したDjentという単語から、メタルの一つのジャンルに派生。

私のお気に入りは、Peripheryってバンド。未来的で、汗臭さがなくて、清々しさをも感じる。デス声もあるが、基本的に歌メロがとてもメロディックなのが良い!(私、デスメタル系は苦手なので。)

www.youtube.com

 

もちろんすうの歌もとても良く、ライブを聴く限りキーの設定も適切だと感じる。ラストの悲壮感を感じさせるハイトーンも絶品だ。

 

この曲は決して「持ち曲が少ない時期の埋め合わせ曲」なんかじゃない。れっきとした「BABYMETALの名曲のひとつ」だと言いたい。

 

「君とアニメが見たい」がまた見たい・・・