読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BABYMETALとかの音楽。

BABYMETALを通じて、メタル、R&R、パンク、ソウル、ファンク、ポップスなど世界の美しい音楽を紹介します!

BABYMETALのギタリスト3人

今日は、神バンドの3人のギタリストについて書きたいと思います。

 

私はずっとギターを弾いて来ました。そして、アラフォーの私は以下のような道を歩んだ。

 

学生時代にBOOWYでロックを知り、布袋に夢中になりギターを買う

洋楽を聴き始める

当時の若者音楽と言えば、ほぼハードロック、メタル一色。

当時のメタルは「速弾き至上主義」。速弾き出来ない、しないギタリストはカッコ悪い。

布袋はカッコ悪い、イングヴェイスティーブ・ヴァイがカッコいい・・・・

 

 

という、当時の王道を行ってました。笑

 

これが間違った考えであったというのは、かなり後の布袋のワールドワイドな活躍(オリンピックでの演奏など)で思い知らされるのでした。結局、世界が求めたのは、テクニカルな速弾きギタリストではなく、味と個性のあるギタリストだったんだと。彼の歌は苦手だけれども。

 

その後NIRVANAが登場し、速弾き=カッコいいという図式は一掃されました。カート・コバーンが、当時のギターヒーローであるヌーノ・ベッテンコート率いるメタルバンドExtremeを「大嫌い」と言い批判したことに象徴されております。

メタルを聴いてた時も、ガンズやSKID ROWなどのR&R系が一番好きだった私は、やはりR&Rを求め、ブランキー浅井健一がアイドルとなり、果てはビートルズやプリンスなどを愛すようになって、「ギターソロよりバッキング/カッティング」、「ギタープレイよりも曲」と、嗜好及び思考、ついでに志向がすっかり変わって行きました。

 

R&R系ってバカテクミュージシャンはいないんですよね。有名どころではブライアン・セッツァーぐらいか。ここ数年(てかかなり前だけど)では、Little Barryが凄いなと思ったぐらいかな、R&R系のギタリストとしては。

www.youtube.com

そんなこんなで歳を取った私もそろそろギターもうまくなりたいと思って、(何を思ったか)イングヴェイのフレーズとか練習し始めた頃に出会ったのがBABYMETALでした。

 

あ、イングヴェイって初期がもう最高なんですよ。アルバムで言えばソロ1stと「Eclipse」が好きなんですが、中でも1stに収録された、彼の最高傑作インストで間違いないと言える"Far beyond the sun"。 キーボードとかドラムはダサいし、何よりスタジオ版は音質が悪い!

でも、曲が最高!煌めくようなギターのトーンが最高!フレーズが全てオリジナリティ満載!特に、"やりすぎない"スウィープピッキングのフレーズは、涙ちょちょぎれる美しさ。

↓彼が若かりしこの頃は、事故前で腕前も最高の時期だったと思われる。今と比べプレイは繊細、にも関わらず音は太い。

www.youtube.com

で、BABYMETALですよ。

ドラム好きな私はまず、ドラムに注目しちゃうんですが笑、次に気づいたのが藤岡幹大さんの鬼神のような上手さ!

YOUTUBEで藤岡さんの演奏を見てみると、ストラトでアーミングを駆使し、フュージョン系の音楽を奏でていた。フレーズのセンスも素晴らしい。

彼のようなレベルになるともう、「どうやって弾いているかわからん」。(個人的にはスティーブ・ヴァイも「どうやって弾いているかわからん」レベルです)

 

www.youtube.com

体格や手の小ささを言い訳にして速弾きを諦めてたギタリストである私にとって衝撃的だった。(今でもそれを言い訳にはするが笑)

 

次に凄いと思ったのがLedaさん!神バンドインストのギターソロでよく見せるわけわらんタッピング、最高です!!めっちゃインパクトありますよねー。Ledaさんはビジュアル系出身ですよね。私はビジュアル系はめっちゃ苦手なんですが、Ledaさんはなぜか好感持てます。好きなギタリストです。

 

最後は大神こと大村さん・・・・

ごめんなさい、苦手です。笑

大村さんがよくやる1-3弦のスウィープの上昇or下降フレーズは、イングヴェイの専売特許みたいなフレーズで、他のギタリストはもうやらないんですよね。てか、イングヴェイが生み出した「様式美速弾き」系(つまりハーモニックマイナーのスケールで弾きまくる)ギタリストは、みんなイングヴェイのコピーに思えてしまう。 それでもイングヴェイ並みの高品質なら聴くが、テクニックはもちろん、曲やフレーズのセンスが比べ物にならないギタリストばかりだった。やはりオリジナリティのないギタリストは、オリジナリティのない音楽しか作れないのだ。

大村さんは意外にもジョージ・リンチが一番好きなんだそうですけど、彼は手グセ(同じフレーズの使い回し)がほとんど無いという、非常に珍しいギタリスト。大村さんは逆に、使い古された手グセのオンパレードみたいに思える。あと、微妙な音程変化するチョーキングも好きじゃない(どの曲のどの部分か、わかってもらえるかな?)

 

Cerberus (CD+DVD2枚組)+VIPER EXPRESS/amazon店限定特典DVD付

Cerberus (CD+DVD2枚組)+VIPER EXPRESS/amazon店限定特典DVD付

 

 

お前がそんなこと言う筋合いないやろ!って意見はもちろんなんですが、好きなものは好き、苦手なものは苦手、とちゃんと書かないとただの太鼓持ち音楽雑誌レビューと同じになってしまうので。

もちろんこれは単なる好みの話で、3人とも素晴らしいギタリストであるのは間違いない。だいたいBABYMETALの曲を、ライブで間違えずに弾けるだけで脅威そのものなんですが。では、また。