BABYMETALとかの音楽。

BABYMETALを通じて、メタル、R&R、パンク、ソウル、ファンク、ポップスなど世界の美しい音楽を紹介します!

めっちゃロックな「4の歌」と「おねだり大作戦」!

ともにBLACK BABYMETALこと、ゆい&もあの二人ユニットによる楽曲。

 

「4の歌」の第一印象は、「長い」。笑

 

トイレタイム的な曲だな、なんて思ってたんですが、今やBABYMETAL最高傑作と言ってもいいんじゃないかとさえ思うほどに、(自分の中で)成長しました。

 

 

その理由は、

 

①歌詞がポジティブ。

DEATH! DEATH!と叫ぶ曲も良いが、やはり若者(と、妥協済みの中高年)に良い影響を与えてほしいもの。「幸せ」、「死ぬじゃないし」(DEATH!DEATH!叫んでたくせに!笑)とピースフルな言葉が並ぶ。愛おしい歌詞です。

 

②ギターリフが明らかにメタリカのオマージュ。

ダッダッダダダッ!ダダダダッ!!のところね。メタリカをあまり聴かなかった俺でもわかる。

メタラーがにやついてしまう所ではないだろうか。

 

③ゆい&もあが作詞作曲(と言い張っている)

やっぱ、これに尽きる。

異国のツアーバスの中。誰が求めたわけでもなく(むしろみんなうんざりしてたらしい)、すうに曲のお題を求め、作られたいくつかの曲の中の1つ。

プロデューサーがその原石の1つを拾い上げたわけだが、それでよくこんな良い曲が生まれるもんだよ。

ボツになった曲も非常に気になる・・・。

YUI-METALいわく、メロディーも二人で考えたということです。

才能って怖い。

今はよくても、将来に印税の事で揉めないだろうかと誰もが不安に思うのではなかろうか。笑

 

④歌詞は全て、言葉遊び(駄洒落)。

歌詞は全て、「4」つまり「よん」「し」ついでに「フォー」と置き換えた言葉遊び。

何しろイントロからしっ!しっ!しししっ!である。

さらに、「よっこらしょ!」である。

ここまで来て横井庄一(a.k.a よっこいしょー!いち)の名が出て来ないのは至極残念だが、ハナから外国人の共感を捨てた、この和的センス。ある意味メタルスピリットを感じる。

しかもそのスピリットは、日本人のローティーン少女から出て来た物なんです!ナチュラルボーン。

 

ダンスもキュートだし、とにかく完成度の高い1曲だと思う。

youtu.be

 

 

「おねだり大作戦」は、イントロがクール!

なんとも言えないアジア的、日本的な音が鳴り響き、そこに切り込んで来るノリのいいギターリフ。

ロックだ。

メタルうんぬん置いて、素直にカッコいい。ノレる。

ライブでは二人がパーカーのフードを深く被り、何故かタオルを振り回す。

それが濡れタオルだったとしたら、当たれば怪我するぜ。でも、室内潤おうぜ?

うーん、不良の香りがプンプンします。

育ちの良い小学生が1日だけ抵抗してみた感が出てて、かわいいです。

www.youtube.com

 

BLACK BABYMETALは2ndでも「Sis.Anger」と、「GJ!」という名曲が生まれ、現在4曲の名曲を抱えている。

ライブでどれかが切られるのはしょうがないところなんだが、「4の歌」と「おねだり大作戦」の2曲は、ライブで外してほしくないなあ。と思うのでした。終わり。