読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BABYMETALとかの音楽。

BABYMETALを通じて、メタル、R&R、パンク、ソウル、ファンク、ポップスなど世界の美しい音楽を紹介します!

「悪夢の輪舞曲(ロンド)」のややこしさ。

昨日の記事でも書いた、ゆよゆっぺ氏によるこの曲。


イントロからもう、カオスです。

この曲はポリリズム( Polyrhythm -1曲の中で、複数の異なる拍子(俗に言う変拍子)が使われている)が使用されております。(Polysixなどでお馴染みの接頭語"Poly-"ってどんな意味なのかと調べてみたところ、「多くの」という意味でした。なるほど。)

 
リズムはいわゆるワルツの3拍子がベースで、密かに拍子が変わっております。


拍子どうこう以前に、演奏自体がわけわからないほど細かくて複雑。ポリリズムのせいで、更に複雑怪奇な仕上がりになっております。


まさしくMESHUGGAHのイメージで制作された物なのは明白ですが、これをアイドル楽曲に仕立て上げてしまうセンスがやはり凄い。

 

www.youtube.com
悪夢のロンドの肝は、まずライブで神バンドのInstrumentalの後に繋がって演奏されること。

そして鍵盤フレーズのセンスの良さでありましょうか。

 

www.youtube.com↑このサムネイルのすう様の顔、かわいい。

 

当然楽器隊はかなり難しいでしょうが、BABYMETALは基本的に全て難曲なため、この曲だけあえて強調するようなものではないかも。

 
一番凄いのは、やはりボーカルです。

 

www.youtube.com


大神様も上の動画で、この曲が歌えるすうは天才だとおっしゃっておりますが、この曲を自然に聴こえるように歌うというのは、明らかに困難な事です。

アイドルだから、ではないです。ほとんどのボーカリスト変拍子の曲を歌う機会はほぼないため、下地が無いせいで普通に難しいのは間違いないです。

 

カラオケならまだしも、ライブでクリックを聴きながら歌う。

ちょっとでも見失うと崩れていってしまうプレッシャーなど物ともせず、「普通に」歌うすうに脱帽です。

すうに「歌がうまい」と言うことさえ、失礼になるような気がします(笑)。

神バンドと同等のテクニックを持つボーカル。と言っても全く過言ではありません。

 

しかも彼女はまだ十代なのに!(自動翻訳風)

 

伏魔殿(初回限定盤)(DVD付)

伏魔殿(初回限定盤)(DVD付)