読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BABYMETALとかの音楽。

BABYMETALを通じて、メタル、R&R、パンク、ソウル、ファンク、ポップスなど世界の美しい音楽を紹介します!

日本が世界に誇るメタル?バンド

 今から5年ほど前、友人からデジタル化してほしいとの依頼があり、数枚のアナログ盤を借り受けた。

当時、友人はメタルにはまっているということで、「なんで今頃メタルなんだ?」と思ってた。

 

その中に数枚、同じバンドのLPがあった。

そのジャケットは、不気味な外国人の顔のアップであったり、BLACK SABATHのパロディーだったりと見るからに異様。ロゴの中に入っている円形モチーフも、何だか気持ち悪い。

だが、デザイン性は高く感じた。飾れるジャケット。

全く知らないバンド。しかもなんでレコードなんだ?その中にあった数枚のEPは、現在AMAZONにも売ってない(当時は売ってた)。

 

f:id:ymhymt:20170222202135j:plain

 

f:id:ymhymt:20170222202158j:plain

Volume 1

Volume 1

 

 

そのバンドの名は、

CHURCH OF MISERY。日本のバンドであった。

当時はネットで検索しても情報は少なかったが、どうやら海外で人気があるらしい。

当然、人気があると言ってもマニア向けなので、売れているとか、有名なわけではない。

 

www.youtube.com

日本人とは思えない乾いたサウンド、汚い音像。荒れたしゃがれ声。

音はやはり初期ブラック・サバスに似ているが、ドゥームの要素はあまり感じない。言ってしまえば70年代ロックそのまんまで、テンポが遅いヘヴィなロックンロールと言った印象だ。モーターヘッドのような、テンポの速い曲もある。まぁ私の大好物系。

うまいとかすごいとか以前に、なんで日本のバンドがこんな音を志向しているんだろう。そう思った。

名古屋のバンドで1stアルバムは1997年のリリース。現在も存続しているバンドなので、もう20年の活動になるベテランだ。

 

タイトルをよく見てみると、見覚えのある名前がタイトルの横に書かれている。

Dennis Nilsen, John Wayne Gacy, Charles Manson.....

そう、彼らの曲はほとんどが、凶悪な殺人犯をモチーフとしているのだ。

私は昔から凶悪殺人の犯罪心理に興味を持っていたせいで、見覚えがあったのだ。

冒頭に流れる殺人犯の声、そこから雪崩れ込むブルータルな演奏と荒れたボーカル・・・得体の知れない日本のバンドというのも相まって、ただただ恐ろしい。

裸のラリーズではないが、メンバーに犯罪者でもいるんではないかといった感じだ。

当時は(今も?)BORISが海外で受けていたが、それよりも前にこんな極悪サウンドが日本から輸出されていたとは。

いやー、日本人の音楽ってすごい。奥が深い。

 

彼らは順調に名を上げて行ったが、現在メンバーはベーシスト以外全員脱退という事態に。

2016年の目下最新作"And Then There Were None"でボーカルも変わっているが、雰囲気は相変わらず。だが、以前の作品の方が好みかな。

BABYMETALが海外で受けている今だからこそ笑、頑張ってほしい。

 

おすすめはこのアルバム。

Thy Kingdom Scum

Thy Kingdom Scum