BABYMETALとかの音楽。

BABYMETALを通じて、メタル、R&R、パンク、ソウル、ファンク、ポップスなど世界の美しい音楽を紹介します!

Suchmosのブレイクとシティーポップ。

昨日誤って、書きかけの本稿を投下してしまいました。なので再投稿です。ごめんなさい。

 

数年前から盛り上がっている現代「シティーポップ」シーン。

シティーポップを簡潔に説明するのは非常に難しいが、「若者による都会派オシャレ系音楽」であると思う。その通りの解釈をすれば、前日に紹介した渋谷系もシティーポップになるだろうし、大滝詠一などから脈々と続く一部の邦楽ポップスもそうだ。

要は現在、多くの若者がシティーポップバンドをやっていて、そのシーンが盛り上がってるということですね。

 

その中でも、知名度でSUCHMOS(サッチモス)が頭抜けた印象。

バンド名はルイ・アームストロングの愛称「サッチモ」から。

ジャミロクワイを思わせるFunk/R&Bサウンドを、日本人に合うようお洒落に薄めた感じだ。日本語ボーカルも聴きやすい。

www.youtube.com

THE KIDS(DVD付)

THE KIDS(DVD付)

 

 

 

このCEROも、シティーポップを代表するバンドと言えるだろう。

www.youtube.com最新作「Obscure Ride 」ではディープなR&B/ソウルを聞かせているが、この頃のいかにも和っぽい雰囲気が大好きだった。

WORLD RECORD

WORLD RECORD

 

 

 

私が特に好きなバンドが、LUCKY TAPES。

www.youtube.com

 こういう、「引きの美学」みたいな、隙間の多いサウンド大好きなんです(ブランキーを好きになった影響)。ジャケットもお洒落で、大好き。

THE SHOW

THE SHOW

 

 

他にもAWESOME CITY CLUB、SHAMCATS、Never Young Beach、Yogee New Waves、Nulbarich、Tofubeatsなど、シティポップに分類されるアーティストはたくさんいるが、例えばD.A.N.がシティポップなのか?などと、そのサウンドの線引きは難しい。

 

大好きなこの曲も是非紹介しておきたいので貼っておく。個人的にはシティポップとはちょっと違うかな?と思うが、まあシティーポップの中に入っていても不自然じゃない。

www.youtube.com

このPVは何回観ても飽きない。映像も、音楽も。

欲を言えばダンサーのルックスが好みだったら100点満点だった。笑

 

ここまで来て、だいたいシティーポップのイメージは付いただろうか。

 

私は古い音楽を後追いで聴くのが好きなので、過去に大好きな「シティーポップ」がたくさんある。

その名曲の1つとして紹介しておきたいのが竹内まりやの、1979年発表の「セプテンバー」。

www.youtube.com

私は竹内まりやの歌謡曲っぽい歌い回しは苦手なんだが、この曲は大好きだ。

ただの歌謡曲ではなく、ねばっこいベースやエレピの使用などから、R&BをベースとしたAORであると言える。

今のアイドルの曲と比べると、180度違いますよね。

ちなみにこの曲は山下達郎ではなく、林哲司による作曲・アレンジだ。

 

(評判が悪くなければ)、明日もシティーポップのアーティストを紹介しようと思う。

 

 

LOVE SONGS

LOVE SONGS